前へ
次へ

家族葬が実行される流れ

家族葬を実施するケースでの 一連の流れをチェックしておくことでリアルに実行する際にもイメージ通りに施すことができるでしょう。
実際的な家族葬の一連の流れをチェックし、シミュレーションしておくことが大事となります。
死亡してからお迎えに向けての流れ ですが、原則として、葬儀社に対して電話を入れれば24時間体制で365日 スタッフが対応します。
病院あるいは亡くなられた場所まで、30分から1時間くらいで迎えに来てくれることが基本です。
息を引きとってから24時間内は火葬することができないことが国の法律で定められていることから、故人を安置することが求められます。
安置場所は、葬儀社あるいは自宅付き添いなどから選択可能です。
納棺~納骨までの一連の流れとして、 翌日以降に、納棺、あるいは通夜、告別式などが施され、最後の時間を過ごすことになります。
火葬のスケジュールに従って出棺し、亡くなられた方との別れをしたら火葬を行なって納骨というシステムです。
葬儀後、埋葬許可証が渡されることになり、後払いのケースでは支払いを実施することになります。

Page Top