前へ
次へ

家族葬の特徴と密葬との相違点

家族葬は、家族並びに親族など近親者、知人のみで送る葬儀スタイルです。
参列する者があまり多くない分、普通の葬儀よりコンパクトな葬儀になるのが持ち味だと言えます。
一般的な葬儀システムになりつつあるのは、親しい方だけに送ってもらえば十分という意図がある人が増加傾向にあることが関係しているといわれています。
この他にも、故人が高年齢で長い付き合いの友人が多くない状況などもあり、全体を通して前よりも葬儀の規模は縮小傾向が見られます。
家族葬は、密葬と似た見方を持ち易いです。
しかしながら、家族葬と密葬とは、本葬に取り組む、行わないという点で異なってきます。
密葬は近親者のみで火葬を行ったあと、日をあらためて本葬を開くのが通例です。
密葬及び本葬とが1つの葬儀として扱われることから、原則本葬を行わず密葬のみを実行することはありません。
それに対し、家族葬については近親者のみで火葬を行うことで一つの葬儀として完了します。

Page Top