前へ
次へ

家族葬を実施する利点はあるか

家族葬の利点の1つは、遺族が故人とじっくりとお別れする時間を持ち易いことがあげられます。
一般葬に関しては家族葬とは全く異なっていて、近親者ではない会社関係者並びに近辺の人など、故人と関係性があった人が広範囲に足を運んできます。
参列者が多くなるほど、遺族は何時でも周囲に意識を向け、対処しないといけません。
挨拶並びに準備に追われることになり、遺族の精神面での負荷も増えるといえるでしょう。
対して家族葬は、参列する者を限定する分だけ、遺族のゆとりももたらされやすくなると考えられます。
じっくりと故人とお別れをしたり、故人の話をする時間なども持ち易くなるに違いありません。
また、一般葬と比較するとコストを節約することができます。
葬儀に関するコストを削りやすいという利点もあります。
小さな規模の葬儀になる分だけ、通夜ぶるまいや返礼品のコストを抑えることができるためです。
加わる頭数が少ないほど、コストも削減しやすくなるでしょう。

Page Top